news

ニュース

2021.12.27
features

WAP(Women’s Advanced Program)1期スタート -初日に学んだのは「イノベーション」-

パソナ日本創生大学校で展開している、次世代の女性幹部候補を育成するWAP(Women’s Advanced Program)第1期が2021年10月4日に淡路島で開講しました。

WAPは、日本経済新聞でも取り上げられるなど、真の女性活躍の実現に向けて、期待が高まっています。
1期に参加したのは、日本郵船や新生銀行、三井住友海上火災保険など、大手企業を中心とした19社から19名の女性幹部候補の方々です。

初日は、望楼青海波というパソナグループの研修施設で「イノベーション」に関する講義を行いました。講師は、著書『起業の科学 スタートアップサイエンス』(日経BP社)が累計5万部突破、ご自身もアメリカで起業し、シリコンバレーで活躍する田所雅之さんです。

講義では、参加者同士が3~4人のチームに分かれて、いくつかのお題に対してご自身や会社でのご経験をシェアしディスカッションする機会も多くありました。研修室の大きな窓から一望できる青くて美しい瀬戸内海をバックに、「新たな気づきを得られた」と目を輝かせる参加者の方々の姿がありました。

WAPでは、健康に配慮した食事を召し上がって頂きながら、参加者同士の交流も深められます。当プログラム期間が終わっても何かと相談できる人脈を形成頂きながら、参加者の皆様がより多くの学びを得られるよう、パソナ日本創生大学校スタッフ一同、支援してまいります。