news

ニュース

2022.06.21
features
フレッシュキャリアアッププログラムの魅力

与えられた環境をどう活かすかは、自分次第。 淡路島に来て人脈が広がり、新たなスキルも獲得・・・「淡路島に来れて本当に良かった!」

一年間の出向(「フレッシュキャリアアッププログラム」への参加)を終えて

松本 和也です。

2016年、株式会社TOKYO TOWERに入社。2021年4月、淡路島にて「フレッシュキャリアアッププログラム」に参加し、株式会社パソナグループ グループアドミ部にて一年間、社宅修繕/管理・既存施設の修繕・備品管理・リース関連等を担当しました。2022年4月に出向元企業に帰任し、現在は不動産部門にて仕事をしています。


淡路島での一年間は、本当に「あっという間」でした。一般的には、就職すると週に5日就業し、疲れて土日を迎えるというパターンに陥りがちなイメージがありますが、私たちが参加した「フレッシュキャリアアッププログラム」では、週に1日研修があり、切り替えができるのが魅力でした。仕事でありながらも楽しめる、とても良い時間を過ごすことができました。

稲田 智大です。

2018年、株式会社TOKYO TOWERに入社。2021年4月、淡路島にて「フレッシュキャリアアッププログラム」に参加し、株式会社パソナグループ グループアドミ部にて一年間、法定点検・運用・大規模修繕等を担当しました。2022年4月に出向元企業に帰任し、現在は観光部門にて仕事をしています。

フレッシュキャリアアッププログラム」への参加が決まり「淡路島」と聞いたときは、正直そこで暮らすイメージがわきませんでした。大学進学以降9年間、東京で暮らしていたからかもしれません。実際に来てみると、仕事では毎日刺激と学びがあり、研修や暮らしの中では自然や人との出会いを満喫して過ごすことができました。

フレキャリ「研修」の魅力

研修カリキュラムには、ビジネスの基礎を学ぶ講座の他、マーケティング講座、英語などの座学だけでなく、実際に農地に行って学ぶ「農業」や日本文化を体感しながら学ぶ「太鼓」など様々なジャンルが用意されていました就職してか5年、改めて自分を見つめなおすきっかけになりました。また、他社からフレキャリに参加している方々と、仕事以外のコミュニケーションの機会を得られるなど、人脈が広がりました。週に1回、定期的に学びの機会があること自体も魅力でした。

「太鼓」や「農業」など、普段の研修ではなかなか得られない刺激を得ることができ、だからこそリフレッシュにもなり、日々の業務にもハリが出たように思います。また、学びの成果発表会に向けての準備も、貴重な経験でした。成果発表会では、他社からの出向者と合計約20名で1チームを形成します。発表に向けて、メンバーと協力して作り上げていく過程そのものが、出向元の会社ではできない、学び多い時間になりました。

フレキャリ「就業」からの学び

様々な会社から出向してくる、年齢の異なる方々との出会いがありました。淡路島内の各施設に「フレッシュキャリアアッププログラム」参加メンバーが働いていて、それぞれの仕事ぶりや、仕事に対する考え方に触れることができたのは、貴重な体験でした。私自身も、未経験の業務ばかりを担当したので、刺激あふれる日々を過ごしていました。入社して数年経っていましたが、社会人一年目のような新鮮な気持ちで挑戦していました。
出向元に帰ったら、“それしかないわけでなく、こんな方法もあるよ”と、新たな選択肢を提案できそうだと思える自分に成長していました。帰任したら、具体的な提案を積極的にしていきたいと思っています。

他の会社からの出向者の方々の色々な考え方に触れることができ、だからこそ、出向元の良い点にも気づくことができました。パソナグループでの就業は、人と人との距離感の心地よさを感じました。また、驚くほどのスピード感で、次々と新しいものができていく熱気を感じていました。周囲の方々の働きぶりからも、各自が熱意と思いをもって働いていることを感じました。私も、今後、より自立した考えをもって積極的に動いていきたいと思っています。

これから「フレッシュキャリアアッププログラム」に参加する皆さんへ

これからの長い人生を考えると、淡路島で1~2年過ごすだけで、ずいぶん視野が変わるなと感じています。私は、出向元の会社に帰任しても役立つ人脈を得ることができました。また、これまであまりやっていなかった目標設定のスキルも身につきました。

最初は何だかわからないけれど、まずはやってみることが大事、ということを実感しています。出向期間は、あっという間に過ぎてしまうので、日々自分ができることに挑戦してみるとよいのではないでしょうか。東京にだけいたら出会えなかったような、色々な人との出会いも、人生を豊かにしてくれます。迷っている人がいたら、ぜひ淡路島に行ってみて!「フレッシュキャリアアッププログラム」に参加してみて!!とお伝えしたいです。

私は、スティーブ・ジョブズの考え方「connect the dots」が好きです。どんな経験も、将来何らかの形でつながっていくと信じています。出向で来ることになった方々には、ポジティブなもの、ネガティブなもの、両方の思いがあると思いますが、出向の経験は必ず意味があるものになると思います。私は、実は来る前から楽しみでしたが、実際に淡路島に来てみても、素晴らしい日々を過ごすことができました。与えられた環境をどう活かすかは、自分次第だと思います。様々な人との出会いに感謝を忘れずに、日々を過ごしてもらえたらと思います。

出向元企業ご担当者様から、プログラム参加者のお二人へのメッセージ

株式会社TOKYO TOWERから「フレッシュキャリアアッププログラム」に参加(出向)された稲田さん、松本さん

1年間の出向おつかれさまでした!本出向は住む場所から変わり、当初は不安やかなりの苦労を掛けたと思います。そこを乗り越え、淡路での生活は楽しいものに変化していったのですね。(出向期間の終盤は「淡路島から帰りたくない!」という声も聞きました。)
お二人とも淡路島での生活は、人としての力、人間力が上がったものと思います。一皮も二皮もむけたお二人とあらためて仕事が出来ることを楽しみに思っております。是非淡路島での貴重な経験・人脈を東京タワーの業務で役立ててください。

 

「フレッシュキャリアアッププログラム」参加(出向)経験が、帰任後どう活かされているか(出向元企業ご担当者様より)

〈松本さんについて〉
出向期間満了後は、不動産本部不動産部企画課に配属されました。主な業務は、東京タワーの脚元にあるフットタウンビルおよび敷地内におけるリノベーション企画、テナントリーシングやテナントの管理を担当している部署です。出向期間中は、主に出向先社員様の住居レイアウト検討・管理などを担当していました。どのようにすれば住まわれる方が気持ち良く生活を送られるか、相手の気持ちに立って考えることは、配属先の部署でも必要なもので、出向での経験が活かされています

<稲田さんについて>
出向期間満了後は、観光本部販売部販売課に配属されました。主な業務は、旅行会社様に対する渉外活動を行う部署です。東京タワーの魅力を伝え、送客いただけるよう業務を行います。フレッシュキャリアアッププログラムでは、色々な業種・年齢の方と力を合わせて、様々なことに取り組んだと伺っております。様々な地域・規模の旅行会社様があり、沢山のご担当者様とやり取りがあり、出向時の経験が活かされているようです。

 

人材育成方法の新たな選択肢「フレッシュキャリアアッププログラム」

株式会社TOKYO TOWERの稲田さん、松本さんのように、「フレッシュキャリアアッププログラム」に参加後、自社にてさらなるご活躍をしておられる方々がたくさんいらっしゃいます。

これからの人材育成方法の新たな選択肢として、「フレッシュキャリアアッププログラム」をぜひご検討ください。

・詳細はこちら>>フレッシュキャリアアッププログラム とは

・お問い合わせはこちらから>> お問い合わせ